いびき対策グッズでおすすめは?

【いびき対策グッズの紹介】
夜中にものすごい音にびっくりして目が覚めたという経験はありませんか?
小さい頃など、お父さんのイビキの大きさに驚いて起きたことがあるという方も多いと思います。

このいびき、家族の中でだからこそまだ良いのですが、新幹線や電車、静かな場所での居眠り等の場合には、どうなるでしょうか。出張先での宿泊や友人・恋人と旅行する場合も同様です。
周りの人に大きないびきが聞こえてしまうことで、「うるさいなあ!」「迷惑な人」と思われてしまうことだってあります。

家族だけではなく周りの人にも迷惑をかけてしまうとなると、逆に嫌な思いをするのはイビキをかいてしまう本人ですよね。

このいびきを何とか止めたい!と考え、何かいびき対策に良いグッズを探している方もおられるのではないでしょうか。
ここでは、画期的な今話題のいびき対策グッズをご紹介していきたいと思います。
聞いたことがある方も無い方も、きっと今回ご紹介するいびき対策グッズに興味をもっていただけると思います。

いびき対策を行い、自分も周りも嫌な思いをすることがないように、快眠できるようにしていきたいですね!

◆いびきを解消する方法は?

いびきを解消する方法としては様々なものがありますよね。
例えば、枕の高さを調整したり、寝る前に鼻づまりを解消すべくミントのガムを食べるといったようなものです。

ですが、これでは寝ている間のいびきを完全に静かにしていくことは難しいと言えます。
そこで出てきたのが、”いびき対策グッズ”です。

グッズでいびきを解消する

いびきを解消するためのグッズには、いくつかの種類があります。
ここでは、一般的なよくあるタイプのいびき対策グッズについて、見ていきたいと思います。

1.鼻腔拡張テープ
2.マウスピース
3.CPAP

このようないびき対策グッズが販売されており、手軽に購入出来るものも含まれています。
では、具体的にこれらの特徴やメリット・デメリットについて見ていきましょう!

1)鼻腔拡張テープ

鼻腔拡張テープは、スポーツをしている方や新幹線で寝ているサラリーマンなどが使用しているのを見たことがある方もおられるのではないでしょうか。
比較的簡単に購入することが出来る上、安いという特徴があります。

鼻がつまっていると、寝ている間に苦しくなることで、自然と口呼吸になるという傾向があります。
口呼吸になったほうが呼吸がしやすくなるように感じますが、実は鼻呼吸のほうが気道を確保しやすいのです。
そのため、口呼吸になると自然と気道が狭くなってしまい、空気が通る際の抵抗が大きくなることで、いびきも大きくなってしまいます。

そこで口呼吸になることを防ぐため、鼻腔を拡張するテープを張ることで鼻の通りを良くすることで、いびきを防ぐというグッズです。
◎メリット
・簡単に購入できる(ドラッグストアなど)
・安く購入できる(100円程度でも購入可能)
・鼻に張るだけなので使いやすい

×デメリット
・鼻づまり以外が原因(首まわりの脂肪などが原因の場合)には効果が期待できない
・皮膚に直接貼り付けるため、かぶれてしまうこともある
・簡易的な対策である

鼻腔拡張テープのメリット・デメリットにはこのようなものがあります。
簡単に使用出来るとは言え、いびきのタイプによっては、効果が期待できないこともあるのです。
皮膚がかぶれるかもしれないというリスクも、あまり見過ごすことができないものと言えます。

2)マウスピース

マウスピースは、寝る前に下顎を前に固定することによって気道を確保し、いびきを小さくするというものです。
簡単に購入できるものから、オーダーメイドで作ってもらうものまで様々あります。

歯科医院でオーダーメイドで自分の歯と顎に合わせて作ってもらう場合には、保険適用となることがあります。
少しお得に購入できる場合もありますが、市販のものでも手軽に購入できる範囲の価格で販売されています。
◎メリット
・オーダーメイドで作ってもらうことが出来る(歯科医院にて)
・手軽に購入することが出来るものもある(2,500円程度で購入可能)
・軽量で持ち運びも楽

×デメリット
・歯がないという方は使用できない
・下顎を前に固定してしまうため、翌朝痛みが生じる場合がある
・オーダーメイドで作成する分、価格が高くなったり時間がかかったりという問題がある
・使い捨てではないため、毎日のメンテナンスが必要になる
・衛生面でやや不安が残る
・快適かどうかと言われると疑問

マウスピースはオーダーメイドで作成してもらうことが出来るという点では良いのですが、
やはり使い捨てではないため衛生面に気を配る必要があったり、下顎が痛くなる可能性があったりと、少し使いづらいという点で問題があります。
また、どうしてもマウスピースをはめたままではいつもと違う感じがして眠りづらいという点も気になります。

3)CPAP

CPAPはあまり聞いたことがないという方も多いかと思います。
これは、酸素マスクのようなものをつけて眠るグッズで、睡眠時に気道が狭くなることや閉じてしまうことを、空気圧の力で防ぐというものです。
無呼吸症候群の方などはこのような方法で改善を試みることもあります。

ただ、本体が1kg程度あることや、ホースなども必要となることから、気軽に持ち運びは出来ません。

◎メリット
・効果が現れやすい(強制的に空気を送り込むため)
・保険適用となることもある

×デメリット
・電源が必要になるため、外では使用できない
・ホース、マスク、本体などが必要
・マスクを装着すると、当然ながら食事や会話は出来ない
・定期的なメンテナンスを行わなくてはならない
・快適かどうかと言われると疑問
・顔にマスクのあとが残ってしまうことがある

CPAPにはこのようなメリットとデメリットがあります。
単純に家庭内に響くいびきを改善したいという場合には良いのかもしれませんが、仕事や出先で居眠りをした際にいびきを改善するというのは、CPAPでは難しいのです。

また、レンタルのものなどでも年間で6万円程度は見ておいたほうが良いと言われています。

もっと手軽で効果も期待出来るものが良い!

上記のいびき対策グッズ3種類では、効果と手軽さは両立されていないように感じますよね。
手軽に購入出来るものはどうしても効果が薄めで、反対に、効果を求めると価格が高くなってしまう・・・

これでは、本気でいびきを改善したくてもなかなか改善出来ないと思いませんか?
そんな悩みに・・・もっと手軽に改善できて効果もしっかり期待出来る、いびき治療器具があります。

それが、「ナステント」です!

◆今話題のいびき対策グッズ「ナステント」!

ナステントは、テレビでも取り上げられていますので、最近になって聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
画期的ないびき対策グッズとして、とても有名になっているのです。

では、ナステントの魅力などについて、ご紹介していきたいと思います。

鼻からソフトなチューブを挿入して気道を確保する!

ナステントは、鼻にテープを貼ったり、下顎を固定したり、ホース付きのマスクをつけたりといったようなものではありません。
鼻にソフトなチューブを挿入して気道を確保するという、全く新しい発想のいびき対策グッズなのです。

チューブを鼻から挿入して気道を確保するという方法は、患者さんが意識を失った際や、麻酔の際に気道を確保するために使用されてきた方法です。
多くの医療現場で治療を行う際に使用されてきた実績がある方法なので、安心出来ます。

専門医療機関と医師が共同開発した一般医療機器

専門医療機関と医師が共同開発した商品であり、一般医療機器として販売されています。
一般医療機器とは、薬事法の分類であり、「不具合が起きた場合でも、人体への影響が極めて低いと考えられるもの」に分類されている医療機器を指します。

ナステントは一般医療機器として認められており、安全に最大限の注意を払って開発・製造されています。
(一般医療機器届出番号:13B2X10245000001)

”医療機器”と名前があることや、専門医療機関と医師が共同開発しているということで、効果のほどはかなり期待出来ますよね。

ナステントが睡眠時無呼吸症候群に対して効果を発揮

ナステントがしっかりと気道を確保しているかどうかということを調べた検査があります。
監修:筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 教授 佐藤誠先生

AHIという、一時間あたりの無呼吸低呼吸の回数を調べた結果、以下のようなことが判明しています。

・無呼吸症候群の患者さん3人を対象とする
・ナステントありとナステントなしで調査
・Aさん(80%減)Bさん(60%減)Cさん(60%減)

なんと、ナステントをつけて寝ただけで、無呼吸状態になる回数が60%~80%減少したのです。
無呼吸症候群は最悪の場合死に至ることもある危険なものですので、これを改善出来るということはとても大きな魅力だと言えます。

全国200以上のクリニック・病院にて紹介・取扱されています

ナステントは、全国200以上ものクリニックや病院にて紹介・取扱がなされています。
そのくらい信頼性のあるいびき改善グッズであり、人気があるということですよね。

・慶應義塾大学病院
・順天堂大学医学部付属順天堂病院
・東京医科大学病院

具体的にはこのようなところで取扱があります。

◆ナステントの使い方

ナステントは鼻からチューブを入れるということで、こんな疑問があるかもしれません。

・痛そう
・眠りづらそう
・チューブを入れたら先端はどうなるの?
・みんな同じサイズなの?

など、疑問点は多くありますよね。
このようなナステントの疑問を解決していきたいと思います。

痛そう

ナステントは鼻からチューブを挿入しますが、潤滑剤がついていますので痛くありません。
もちろん個人差はありますが、可能な限り違和感なく使用でき効果が実感できるよう、柔らかい素材が使用されています。
具体的には、人肌に近い硬度5~20のシリコンゴムが主成分となっています。

そのため、痛みを感じる方はほぼおられません。
アンケートでは、92%の方が「痛くない」と回答しておられます。

眠りづらそう

ナステントを鼻に挿入した状態で眠ることが出来るのかどうか、その点が疑問という方もおられますよね。
ナステントを挿入した初めの日は、多少の違和感を感じることがあります。
ですが、3日ほど連続して使用することによって、違和感はなくなります。

耳栓をした状態で眠る場合、初めの日はやや違和感を感じてしまいますよね。ナステントもそれと同じです。
むしろ、ナステントを使用することで気道が確保されるため、より熟睡することが出来ると言えます。

チューブを入れたら先端はどうなるの?

土屋アンナさんのCMや動画を見ていただけると分かるのですが、チューブは鼻に挿入した後、もう片方の鼻に短い部分を入れるという感じになっています。
見た目からは分かりづらいように、シルバーの細い針金のようなものが左右の鼻をまたぐようになっています。

シンプルな作りなので、新幹線や電車などで少し寝たい時でも安心出来ます。
見た目が酷いことになるということもなく、鼻の形によってはうまく針金部分も隠れるので、問題はありません。

みんな同じサイズなの?

サイズに関しては、120mmから145mmまでの種類が用意されています。
さらに、左鼻の方が呼吸がしやすいという方は左鼻用、右鼻の方が呼吸がしやすいという方は右鼻用を選ぶことも可能です。
硬さに関しても、ソフトとハードがあり、初めての方の場合はソフトがおすすめです。

◆自分に適したナステントのサイズが知りたい!試してみたい!

自分に合ったサイズを決めるためには、実際に試してみるのが一番です。
ナステントは使い捨てとなっていますが、自分に合わないサイズを購入しても意味がありません。

お試しセット

そこでお試し6本セットというものがおすすめです。
通常価格は3,600円ですが、半額の1,800円で購入することが出来ます。
さらに、ナステントの購入時に使える1,000円分のクーポン券もついてきますので、とてもお得です!

ナステント公式サイト
お試し6本セットには、以下のようなものが含まれます。・ナステントクラシック
(120mmから145mmの長さが異なるものを1本ずつ6種類の計6本)
・フィッティングマニュアル
・ナステント購入時に使用出来る1,000円クーポン

あくまでも、自分にどのサイズが合うのかを調べるためのセットなので、使用する際には自分のサイズのものを購入することになります。
一度試してみたいという方は、気軽に購入出来る価格なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする